メインイメージ

Propolis Item Guide

「プロポリスとピロリ菌」

特に50代から60代の中年以降の、
60%前後の人がピロリ菌に感染していることが話題になっています。
最近では食品の品質や食生活の変化から、
20代・30代の人でもピロリ菌を持っている人が増えているようです。

ピロリ菌、正式名称ヘリコバクターピロリは、
胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などを引き起こし、
さらにはガンの原因にもなるやっかいな菌。

ピロリ菌感染患者は、一般の人より3倍胃がんにかかりやすいことが、
広島市民病院研究グループによって明らかにされています。
しかも、その除去には数ヶ月から、
長い場合には年単位で長期間の薬の服用が必要になります。

さて、このピロリ菌に対して、徳島文理大の宮高博士は、
プロポリスの服用にピロリ菌除染の効果があることを発表しています。
ピロリ菌はウレアーゼという酵素を分泌することで胃の酸に溶かされず生きています。
プロポリスはこのウレアーゼの分泌を抑制することで、ピロリ菌を倒すことができるわけです。

またプロポリスにはさらには、胃の粘膜を整えたり、胃酸過多、整腸にも効果があるとのことです。
特に日本人は消化器官が弱い人が多く、
欧米の脂肪や油の多い食生活に順応しきれないことが多いそうですから、
当てはまる人も多いでしょう。

ピロリ菌はその感染に気づかないことが多いものです。
胃腸の異変があったとしても、ピロリ菌を疑わなければ胃腸薬を飲んで終わりということもありえます。

現在の抗生物質や除菌剤よりプロポリスの方がピロリ菌に対して効果があるとはいいません。
もちろん最終的には素人判断せずに、医師と相談の上治療を行っていくことが原則です。
さすがにがんになってからでは、いかにプロポリスといえども手が出ませんからね。

ただ日頃の健康維持の一環としてプロポリスを服用するというのであれば、
それがピロリ菌感染と、その被害から身を守る予防策になるのは間違いなさそうです。

ピロリ菌を持っていない場合であっても、
胃腸が弱い人に対してはメリットがありますので、気になる人は試してみてはいかがでしょうか。
こちらのサイトではプロポリスで病気予防についての、詳しい解説をしていました。オススメサイトです。