メインイメージ

Propolis Item Guide

「グリーン プロポリス」

ご存じの通り、プロポリスはミツバチが、
様々な植物から採取してきた分泌物でできた樹脂のことです。
植物・気候・蜂の種類などによってその性質も変わってきます。

この中で、ブラジルのミナス州だけに自生する、
アレクリンという植物からつくられるプロポリスがグリーンプロポリス。
その名前の通り緑色をしていて、数あるプロポリスの中でも最高級とされています。
厳密には、さらにその中でアレクリンの量に応じて、
エクストラグリーンプロポリスやミナスグリーンプロポリスといった具合に等級が分けられています。

ミナス産の質の良いプロポリスの場合、
全体の90%がアレクリンで構成されているとも言われています。
一般的に知られているのは、緑色のプロポリスですが、
他にも茶色や赤、黒に近いプロポリスも存在し、
それぞれ主要成分が変わってきますので、興味のある方はまた調べてみると面白いと思います。
こちらのサイトに、販売されているプロポリスの種類についての大変興味深い記事があります。ぜひ、ご覧ください。

プロポリスの歴史は深く、人とプロポリスとの出会いは、
紀元前にまでさかのぼり、ミイラの防腐剤として使われていた記録が残っています。
ギリシャの哲学者プラトンの弟子である、
アリストテレスも切り傷や感染症の治療薬として、プロポリスについて言及していますね。

また今では健康食品としての利用がメインになるプロポリスには、
このほかにも様々な利用方法があります。
たとえばヘアスプレーの材料。
そして有名なのが、ワックス効果を利用してバイオリンなどのつや出しです。
素晴らしいつやが出るとともに、水分などからバイオリンを守り、音色を良くする高級ワックスとして知られています。

このように幅広く使われるプロポリスですが、
特に健康食品として使われる高品質なプロポリスを商品として生産できる企業は限られています。
化学処理で大量生産できない天然由来の原料は、
原料費が高くなる上にその加工と品質管理が格段に難しくなります。
そのため、純度が高く質の良いプロポリスはどうしても価格が上がるのは、致し方ないことというところでしょうか。